BLOG

もうお店で迷わない!ダイエット中の買い物のポイント・食品の選び方

宇都宮のパーソナルトレーニングスタジオ、ボディープラネットの森島が、本日も、アナタのダイエットが成功に近づく食事に関する情報をお伝えします。

毎回お伝えしていますがキレイに痩せて理想の身体になるには、運動と食事の両方の管理がとても大切!

今回のブログは、ダイエット中の食事で最も気を使う食材選びやメニュー選び、ランチの買い物など、外出先で役に立つポイントをお伝えさせて頂きます。是非、最後までお付き合い頂けると嬉しいです(^^)

 

ちゃんと管理できていればダイエット中はこんな昼食もOKです!

買う物、食品の選び方の詳しいお話

効果的なダイエットのための食事は、上手に上限を超えない範囲で食べ物をチョイスするのがポイントです!

その上限を超えない範囲というのは、1日の摂取カロリーをアナタの上限の数値以内にするという事です。

勿論、あなたの身長と理想の体重によってこの上限は変動しますが、かなり良い目安になりますね。

以前のブログ【ダイエットを始める時のはじめの一歩「今の食事量を知ろう!」】でお伝えした基礎代謝と行動量から導いた1日の適正カロリーだったり、【アナタは大丈夫?ダイエットの食事ポイント「食事の偏り」】でお伝えした糖質量などを考慮しながら1日の糖質量を考えて行きました。

 

これらを踏まえて、ダイエットの食事を考えて行くと、朝、昼、晩、各一食の炭水化物の量は約160kcal〜240kcal に抑えたいところです。

炭水化物160kcalというと、コンビニのおにぎり一個分くらいなイメージですね!

 

個人差はありますが、ダイエットしたい女性の場合、1食でのカロリーはだいたい400kcal〜500kcal以内で意識したいので、炭水化物以外の食材で240kcal〜340kcalを摂取できればOKですね(^^)

 

炭水化物以外の物は何を選ぶ?

 朝、昼、晩、各食の炭水化物の量は約160kcal〜240kcal で、ダイエットしたい女性の1食のカロリーが約400kcal〜500kcal以内と考えると、主食以外は240kcal〜340kcal。

これを炭水化物以外の食材で考えていければ、完璧です(^^)

参考までに、いろいろな食材のだいたいのカロリーをお伝え致しますと・・・

 

納豆1パック・・・約80kcal

卵一個・・・約80kcal

マグロ刺身(4〜5切)・・・約80kcal

ハンバーグ140g・・・約320kcal

鶏むね肉140g・・・約160kcal

 

植物性のタンパク質>魚>鶏>牛や豚、

という順でカロリーも高くなっていきます。

 

野菜を上手く取り入れ、食事を楽しみながら、1日の摂取カロリーを上限の数値以内にする為には、主食以外の240kcal〜340kcalを何を食べるかにかかっていますね(^^)

 

こんな夕食もオススメですよ(^^)

まとめ

 

何を買うのかを明確にしてからお店に行きましょう!

当たり前の様に聞こえますが、コンビニやスーパーに行ってから何を食べようか?何を買おうか考えている事、けっこうありませんか?

 

事前に何を作るのか?何を食べるもか?何を買うのか?

これらの項目を明確にしてから買い物に行きましょうね(^^)

 

ポイントは少し大きめのポストイットに書き出して財布に入れておくと便利です(^^)

 

簡単に言うと、考えながら買い物に行くと買いすぎて、もったいないから食べちゃって、結果食べすぎになります!という話です(^^)

 

 

アナタのダイエットが成功します様に!

それでは、また(^^)

■他のダイエットが成功に近づくための食事ポイントはこちらから!

ボディープラネットのパーソナルトレーニングでできること

パーソナルトレーニングで出来ることは、アナタのご要望に合わせる事が可能ですので、上記の例にもあります様に、多岐に渡ります。

ボディープラネットのパーソナルトレーニングで出来ることはこちらからご確認ください。

パーソナルトレーニングスタジオ・ボディープラネットでできること

パーソナルトレーニングのお申し込みはこちらから

※現在、大変ご好評を頂いており、誠に恐縮ですが、初めての方のご入会を若干制限させて頂いております。 毎月先着3名様のみ、体験コースのお申込を受け付けておりますので、お早めにご連絡ください。 LINEにてご質問なども受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

パーソナルトレーニングのお申し込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 便秘解消には朝の習慣を変える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

体験コースのご紹介①

ヒップの形を変える小尻エクササイズ

体験コースのご紹介②

お尻が小さくなるエクササイズ

PAGE TOP